Olympic Live

##バドミントンオリンピックのライブ ~!#live~bbc:バドミントン 東京 2020 オリンピック:バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブ: バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブストリーム : バドミントン 東京 2020 オリンピック 生放送 > バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブopテレビ > バドミントン 東京 2020 オリンピック 生放送 バドミントン 東京 2020 オリンピック 生放送 !!2021++>>(JP-2021)** バドミントン 東京 2020 オリンピック 生放送 2021年7月25日今日放送 バドミントン 東京 2020 オリンピック テレビで無料 バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブスコア バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブ # バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブアップデートスコア # バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブ # バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブ # バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブ #バドミントン 東京 2020 オリンピック ラジオで生放送 #バドミントン 東京 2020 オリンピック ライブ開始時間 #2020年東京オリンピック競技大会 ライブ#2020年東京オリンピック競技大会 生放送 HD*004fgdgfh
オリンピック 桃田賢斗 “逆境からはい上がる” バドミントン バドミントン男子シングルスで金メダル最有力候補とされてきた桃田賢斗選手。 【バドミントン東京五輪】奥�は複雑な思いの中で、初戦勝利! 遠藤&渡辺は決勝T進出に近づく2勝目! <2日目レポート-1� 7月25日に開幕した東京2020オリンピックのバドミントン競技。25日は、前日に引き続き、各種目の予選リーグが行なわれている。午前10時にスタートしたデイセッションでは、男子シングルスの常山幹太、女子シングルスの奥�希望が初戦に臨んだ。また、24日に初戦で勝利している男子ダブルスの遠藤/渡辺は、早くも2勝目を挙げている。 【バドミントン選手名鑑】奥�希望ほか国内女子 リオ五輪で銅メダルを獲得し、今大会前には「リオで銅に終わった悔しさを晴らす」と�ってきた奥�。初戦の相手となったドイツ選手は、世界ランク22位だが、試合序盤から1-8と7点差をつけられる苦しいスタートだった。第1ゲーム終盤までリードを許す展開が続いたが、最後は奥�らしい勝負強さを発揮。17オールから3連続得点で突き放すと、続く第2ゲームは4点に抑えてストレートで勝利した。 試合後、「このコートに立つ怖さ、難しさを感じた。いろんな感情があった」と話した奥�。「せっかくオリンピックが開催されるといううれしい気持ちがある反面、国民全員に支持されているわけではないオリンピックというものについて考えることはもちろんあった。そんな中でも多くのボランティアの皆さんがサポートしてくださっている。そうした皆さんの気持ちも考えたりと、自分の中で、勝手に複雑な思いを抱いてしまっていた」と目に涙をためながら、自身の胸の内にある葛藤を�った。 また一方で、「こんなふうに感じる自分の素直な気持ちを大事にしながらも、コートに入ったら、しっかり切り替えなきゃいけない」と、次戦に向けて、気持ちの切り替えを課題とした。 同じく初戦に臨んだ男子シングルスの常山幹太は、世界ランク84位のモーリシャス選手に、21-8、21-6で快勝している。 予選リーグ2試合目となった遠藤/渡辺は、ロシアのイワ�フ/ソゾ�フと対戦。世界ランク4位の遠藤/渡辺に対し、相手は世界ランク14位とランキングでは差をつけているものの、対戦成績は��1勝2敗。今�も終始�戦の展開が続いたが、ゲーム終盤で確実にポイントを重ねた遠藤/渡辺が、21-19、21-19で勝利。リーグ2連勝で決勝トーナメント進出へ大きく近づいている。 しかしいま、幾重もの逆境の末、万全といえない状態で初出場のオリンピックに臨もうとしている。 交通事故のケガで選手生命の土台がゆら�、大会の相次ぐキャンセルで実戦感覚を失った。苦難の末に桃田選手がたどりついた東京大会で成し遂げたいこと、その思いに迫る。 「ほとんど無敵」 遠征先の海外の新�が、そう表現して報じるほど桃田賢斗選手は圧倒的に強かった。 勝負どころで利き手の左腕「サウスポー」から放たれる力強いジャンピングス�ッシュ。どんなショットでも拾い続ける、鉄壁のように隙のないディフェンス。そして、正確なコントロールが可能とする難易度の高い数々のミラクルショット。 桃田選手の試合の取材では、ハラハラさせられる場面も少なくない。相手にポイントをリードされて「もうだめかな」と思ったことは何度もある。 それでも最後は“�ジック”でも見ているようにゲームを立て直し、逆転勝ちを続けてきた。そこが見る側の心を揺さぶる。世界中のバドミントンファンも同じ気持ちを思ったはずだ。 この3年近く世界ランキング1位に立ち続けてきた桃田選手。おととしは世界選手権を連覇し、国際大会で11�優勝する前人未踏の記録も成し遂げた。金メダルに最も近い日本の選手と言われるのも決して大げさではなかった。 あの事故が起こるまでは オリンピックイヤーの幕開けとともに、桃田選手の運命は大きく変わることとなった。 年�け最初に臨んだ�レーシアでの国際大会。いつもと同じように大会で優勝した翌朝、帰国するため空港に向かう途中だった。 乗っていた車が交通事故を起こし、後ろの座席に座っていた桃田選手は全身を強く打った。 この時点では奇跡的に軽傷とされたのだが、帰国後状況は一変する。 額に傷を負って帰国した桃田選手の表情には精�的なショックの陰が色濃く見られた。 傷痕が残ったのは額と心だけではなかった。 コートに復帰した最初の練習で、視界に捉えたシャトルの羽が端によると二重に見えることに気がついた。 精密検査の診断の結�は、眼か底骨折。 右目の眼球がおさまるくぼみの骨が折れ、視�経を圧迫し視力に影響を�えていた。 初速が300キロを越えるシャトルをミリ単位で操る桃田選手にとって選手生命を脅かす一大事だった。 “引退”の2文字が頭をよ�るほどショックを受けたと、後に�かしてくれた。 新�コロナの感染拡大は世界のスポーツシーンを大きく変えた。 国際大会は軒並み中止や延期となり世界からスポーツが“消えた”とまでいわれた。 バドミントンも例外ではなく、ケガが癒えた桃田選手はなかなか実戦に復帰できなかった。この年、出場できたのはわずかに年末の全日本総合選手権の1大会だけだった。